夏を涼しく過ごすためにどうしたらいいのでしょうか?

高断熱にする?

性能の高い窓にする?

もちろんこの2つも正しいです。

 

さらに意識しておきたいのは、夏の日差しを室内に入れないようにすることです。

日射遮蔽・にっしゃしゃへい】とも言われます。

字のごとく、夏の強い日差しをさえぎることです。

 

例えば、来週見学会を開催する【太田下町の家】ですが

性能的には、トリプル樹脂サッシや付加断熱を採用した高断熱で、気密性も高い高性能住宅です。

そして、南面には大きな窓が4カ所あります。

 

 

もし、日射遮蔽の対策が何も取られていないと、高性能住宅でも夏は暑くなります。

勘違いしてほしくないのは、高性能住宅は勝手に涼しくはなりません。

逆に、断熱性が高いので、室内に入った熱はなかなか抜けないのです。

もちろんエアコンをかければ快適になりますが、日射遮蔽をすることでより省エネで快適にすることができます。

 

そして、そのための基本は家の外側で日差しを遮るということ。

夏でも影の下は涼しいでしょ。

 

 

こちらのお家では、大きな窓4カ所すべてに外付けのブラインドが設置されています。

このお家の見学会はこちら

 

他にも、屋根の軒を長くしたり、外付けスクリーンをつけたり、すだれをかけたり、解決方法はいろいろあります。

こちらのオーナーさんは、日よけシェードをつけています。

 

 

あとは、窓ガラスの種類ですが、遮蔽型と取得型の2種類ありまして、

・遮蔽型:夏の熱を入れにくい。逆に冬は日射取得熱が少ない。薄いグリーン色も窓ガラス。

・取得型:冬は日射取得熱が多く暖かいが、日射遮蔽対策をしておかないと夏は逆に暑い。透明な窓ガラス。

ガラスについては、住宅会社さんによって考えが分かれると思いますが、ハウプロの場合は、南面は取得型(冬の暖かさを優先、そして夏はきちんと遮蔽しようね)、ほかの3面は遮蔽型(夏は北からも日差しが入るし、冬は取得熱があまり期待できないので)とすることが多いです。

そして、細かいところでいうと、スペーサーの種類も大切です。

ここが、アルミ製なのか、樹脂製なのかで、夏の熱の入りやすさや冬場の結露の発生に違いがでます。

もちろん、樹脂製がおすすめです!

樹脂窓ならスペーサーも樹脂を使う会社さんが多いとは思います。

樹脂アルミ複合サッシは、樹脂スペーサーって選べるんでしょうか?

(複合サッシ使わないので分かりません…)

 

また、外側に遮蔽対策が難しい場合は、ハニカムスクリーンもおすすめです。

ハチの巣のような空気層が断熱効果を高めてくれます。

 

 

先日お引渡しした【寺井町の家】の階段のFIX窓(開かない窓)にこちらを付けました。

光も程よく入るので、オーナーさんには夏場はずっと下ろしていてもいいのではとお伝えしました。

 

 

室内側での遮蔽対策ですが、側面に専用断熱レールをつけて、スクリーンと壁とのすき間もないので、かなり効果が高かったです。

 

 

こんな感じで、高性能住宅にプラス日射遮蔽をしてあげることで、より省エネで快適に過ごせます。

エアコンを24時間つけっぱなしでも電気代を抑えた暮らしが実現できると思います。

温暖化の影響で、年々気温が上昇してきているので夏の日射遮蔽も大切にしてもらえれば!

参考ハウプロブログ

 

さらに、日射遮蔽に興味のある方は、朝日や夕日(太陽高度が低い時間帯)の遮蔽、5月や9月の微妙な時期(真夏に比べて太陽高度が低い時期)の遮蔽対策などもあるので、また聞いてください。

 

★オープンハウスのご案内★

9月11・12日 太田下町にて

詳しくはこちら

iwamatsu