先日、断熱材メーカーのマグ・イゾベールさんに来て頂いて、材料のことをお聞きしました。

マグ・イゾベール

こちらは、断熱材のグラスウールでは国内トップ3に入る会社です。

弊社もこちらのイゾベール・コンフォートという裸グラスウールを使っていますが、今回は、調室気密シート気密テープなどのお話がメイン。

イゾベール・バリオ

今使っている部材よりも少々金額がお高いので悩みますね(-_-;)

安く入れてもらえるよう、粘り強く交渉していきます!

 

グラスウールには、主に、袋入りグラスウールと袋に入っていない裸グラスウールの2種類あります。

↓袋入りグラスウール↓

↓裸グラスウール↓

お話を聞いていておもしろかったのが、温暖な地方では袋入りGWと裸GWの注文比率が8:2ほどで袋入りGWがよく注文されているようです。

しかし、東北や北海道などの寒い地域では、この比率が逆転して2:8ほどで裸GWがよく使われているそうです。

前々からそうだろうなぁと思っていましたが、やはりという印象です。

高い断熱性能が必須の寒い地域では、裸GWでないとしっかりと断熱施工することが難しいからではないかと、私は思います。

勿論、メーカーさんはそんなことは言いませんが、高性能住宅を建てられている工務店さんは裸GWを採用しているようです。

グラウスール断熱材と防湿層の正しい施工方法(動画)

マグさんの施工事例に掲載されている高性能住宅も、ほとんどが裸GWを使われていますね。

施工事例

 

もちろん、これは、高性能住宅の断熱材にグラスウールを使う場合の話です。

断熱材は、いろいろな種類がありますので、それぞれの工務店さんの考えがあると思います。

弊社がグラスウールを使う理由は、正直、グラスウールの施工は手間がかかって大変なのですが、同等程度の断熱性能の他の断熱材と比べると、費用がリーズナブルなので使っています。

何でもそうですが、モノには一長一短がありますので、何を優先するかで選ぶ部材も変わると思います。

iwamatsu

 

★ブログ一覧はこちらから。

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら