【丸亀の家Ⅱ】です。

ただ今、外部の付加断熱工事中。

ようやく暑さも和らいできたので、職人さんも作業がしやすそうです。

 

 

付加断熱とは、壁の柱の間に充填された断熱材のほかに、さらに外側に高性能断熱材を設置した断熱工法です。

イメージとしては、壁の充填断熱がセーターだとすれば、付加断熱はその上から羽織るダウンジャケットのような役割。

熱の損失がより少なくなり、さまざまな熱橋(ヒートブリッジ)の影響が軽減され、断熱性能を高める特徴があります。

付加断熱のこと(以前のブログ)

 

↓ 柱の間に入った充填断熱(例えるならセーター)

 

↓ 外側の付加断熱(例えるならダウンジャケット)

 

 

この上から、塗り壁で仕上げていきます。

STOという、ドイツの世界シェアNo1の塗り壁材を使います。

 

また、こちらのお家では焼杉で仕上げる外壁面もありますので、その面にも付加断熱を施していきます。

あと、ファザードラタンの壁も楽しみです。

ファザードラタン??

お楽しみに(笑)

iwamatsu

 

【三谷町の家】を実例紹介にアップしました。

実例紹介

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。