今週末から高校野球(甲子園)が始まりますね。

出場する球児たちも熱いと思いますが、現場も熱い(暑い)です!

現在、倉庫新築と離れ新築の2現場が進行中。

そして、お盆明けに平屋の新築工事が着工予定。

その後、9月、10月と新築工事の着工が続いてまいります。

また、並行してプラン打合せ、見積作成と忙しくなりそうです(^_^;)

申し訳ありませんが、打合せをさせていただいているお客様方には、少々お待ちいただくこともあろうかと思いますが宜しくお願い致します。

 

さて、前回の窓ガラスの続きです。

まずは、スペーサーというのもをご存知でしょうか?

↓この部分です。

このスペーサーですが、アルミスペーサーと樹脂スペーサーの2種類があります。

アルミは樹脂の約1000倍も熱が伝わりやすいので、当然選ぶスペーサーによっても異なります。

せっかく、オール樹脂窓にするのであれば、スペーサーも樹脂にされることをおススメします。

 

そして、ガラスの間の層にはいる気体ですが、空気、アルゴンガス、クリプトンガスを選ぶことができます。

これも、それぞれ熱伝導率が異なります。

2014年のデータにはなりますが、【アルミスペーサー+空気】と【樹脂スペーサー+アルゴンガス】で比較した資料によると約3℃ほど温度が変わるようです。

YKKap ニュースリリース

金額も変わってくる為、様々なご意見はあろうかと思いますが、弊社の場合は樹脂スペーサーのアルゴンガス入りを標準採用としています。

細かなところかもしれませんが、快適性に大きく関わってくるので妥協はしたくありません。

 

今年の冬にお引渡ししたお施主様からの話です。

・今年の夏は、エアコン26℃設定の微風で家中快適とのこと。

・以前暮らされていたマンションでの、20℃設定の強風はなんだったのだろうとのこと。

・電気料金は、太陽光の売電と相殺して月500円くらいとのこと。

 

このようなお話を聞くと、お客様自身に家の性能(仕様、材料)を選んでもらう家づくりは無責任のような気がします。性能と費用対効果の違いをきちんとお伝えして性能面は妥協しない家づくりを心がけていかなくてはと再度痛感した次第です。

もちろん決めるのはお客様ですが、こんな想いに共感してくれる方々と、一緒に家づくりができれば幸せなことです。

 

iwamatsu

★ブログ一覧はこちらから。

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら