お盆明けも暑い暑い(;’∀’)

でも、セミの鳴き声が減ってきたように思います。

さて、【丸亀の家Ⅱ】です。

 

 

壁の充填断熱が終わり、

 

 

 

今は調湿気密シートの施工中です。

壁が仕上がると見えなくなってしまいますが、「美しい」と感じるのは私だけ?

 

 

高断熱高気密のお家が増えるにつれて、近年は「夏型結露」という夏場に起こる結露が問題になってきています。

「蒸し返し現象」とか、「初期型結露」とも呼ばれています。

(詳しくは、ググってみてくださいね)

 

結露と聞くと、冬場の窓にできる水滴を思い浮かべますが、実は夏にも起こるんですね。

これは、いくつかの要因で木材に含まれた水分が夏場の高温で蒸発。

でも高気密の為、その水分の逃げ場がなく室内側の温度の低い(室内をエアコンで冷やすから)気密シートの内側に結露するという現象です。

そしてこの現象が繰り返されて、徐々に木材を痛めていく恐れがあります。

もし、これが目に見えない壁の中で起こっていると思うと…。

 

 

そして、それを防ぐために調湿気密シートを使っています。

調湿気密シートの原理について(MAG)

 

個人的には、見た目のかっこよさも好きですね。

 

 

そして、こちらは【家具職人さんの家】です。

大工さんが中庭のウッドデッキを施工中。

 

 

こちらでは、硬くて耐久性の高いハードウッドを使います。

 

 

洗面カウンターも設置完了!

 

もうすぐ壁塗りです。

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。