7/21,22開催の見学会の見どころをご紹介します。

見学会のお知らせはこちら

 

今回は、収納について。

「収納はたくさんほしいです!」というご希望は良く聞きます。

でも、ただやみくもに収納をいっぱい作ればいいというものでもない気がします。

・どこに何を仕舞うのか?

・仕舞うモノの使用頻度は?

・だれが、いつ、どんなシーンで使うものなのか?

ご家庭によってモノの量も違いますので、いろんな話をしながらひも解いていく必要があります。

 

こちらの住まいでは、2階に家族共有の収納部屋をとりました。

賃貸アパートでは、このような収納スペースが難しいので、家を建てて新居に引っ越すと暮らしがガラッと変わります。

 

さらに、廊下をはさんで収納部屋の向かい側には、屋根裏スペースを利用した納戸があります。

写真では、ちょっと分かりにくいですが(;^_^A

構造見学会で2階を見られた方は、覚えていらっしゃいますかね。

ここには、使用頻度が限られているけど必要なもの。

例えば、季節家電やキャリーバック、5月人形、お子さんが学校で作った作品などが向いているかもしれません。

また、ロフトもあります。

 

そして、キッチン横には広めのパントリーを完備。

勝手口もあるので、ゴミ出しなどにも便利です。

 

さて、収納に関してはたくさんの本が出版されていますが、結論的には「要らないものは、捨てましょう」という趣旨が多いように思います。

ただ、そうは分かっていても捨てられない方がいるのも事実。

捨てないといけない事は分かっているけど、それができなくて(苦手で)自分を責めていらっしゃる方もいます。

それなのに、私たち住宅会社側が「いらないものは捨てましょう!」「収納が多いと逆にモノが増えてしまいますよ。」と強く勧めるのもちょっと違う気がします。

もちろん、そういう考えも正しいので批判する気は全くないのですが、そのバランスが非常に重要だと考えています。

無理のない範囲で、それぞれのご家庭ごとにモノとの付き合い方、収納の解決策があると思いますので。

私たちも、初めにお客さまが【捨てられる方なのか、それとも苦手な方なのか】をお聞きしてからのご提案を心がけています。

 

iwamatsu

 

家づくりで気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

★ブログ一覧はこちらから。

資料請求はこちら。