前回ブログの続きで、APWフォーラムです。

今回は、住まい環境プランニング古川さんの講演【施工(現場での工事)から考える高性能住宅】から。

古川さんは、断熱、気密、結露のスペシャリストの方です。

住まい環境プランニング

 

実は、弊社も加盟しているTSEグループの勉強会でも、昨年いろいろと勉強させていただきました。

ブログ TSE勉強会

 

今回のお話で印象に残ったことを私なりにまとめてみますと、

◆高性能住宅の建築において、無知は罪。

 省いてはいけない工事、なぜそうするのか、

 知らずに間違った施工をしない。

◆建てる時の天候、工事をする人によって施工

 精度が変わらないことが重要。

 逆に考えると、同じ材料、建材を使っても、

 条件によっては計画通りの性能にならない

 可能性がある。

 (例えば、同じ食材で料理しても、コック

 さんと料理の素人が作るのでは、当然、

 味は変わる。)

◆高性能住宅を建てるための原理原則、知識

 をきちんと理解すること。

 (料理の勉強をして知識をつければ、おい

 しい料理を作ることができる)

◆断熱層、防湿層、防風層を連結(つなげる

 こと)させることが重要。

 できる限り、欠損させない。

◆断熱、気密、換気、冷暖房の4つのバランス。

◆燃費(省エネ)より、室内の不快をなくす

 とが優先(あつい、さむい、匂い)。

 (例えば、車の場合、燃費がよくても、座席

 の座り心地が悪かったり、車内が匂うと不快

 になる)

◆住宅の高断熱高気密化に伴って、初期型結露

 とカビ被害の相談が増えてきている。

それを防ぐために、できるだけ木を濡らさな

 い。また、養生を丁寧に行う。

◆正しい施工で、住まい手の快適性を実現させ

 ることが一番の目的。

 家は手段でしかない、その家で暮らす豊かさ

 無感になれる(暑い、寒いの不快を感じない

 )空間をお客様に届ける。

 

今回の内容は、工事業者向けの講演の為、お客さんには難しい内容で申し訳ありませんが、非常に大事なことです。

我々もまだまだですので、学んで、精進していかないといけません。

 

iwamatsu

 

家づくりで気になることがあれば、どんなことでもお気軽にご相談ください。

★ブログ一覧はこちらから。

資料請求はこちら。