【家具職人さんの家】です。

壁の断熱気密施工が終わり、大工さんが壁の下地ボードを張ってくれています。

 

 

ちなみに、天井の断熱気密工事はまだ終わっておりません。

施工上の関係で、今回は壁の下地ボードの後で天井の施工をします。

壁のボード後は、すき間があっても手直しが難しいので、念のため張る前に気密測定をしたところ結果はC値0.3。

天井気密未施工の段階でこの数値だったので、壁の気密施工は問題ないことが確認できました。

天井の断熱気密施工後、改めて気密測定をする予定です。

(C値ももう少し良くなるはずです)

 

 

今は性能ブームといわれているそうですが、同じ気密シートや断熱材を使って、燃費の計算でUa値が同じでも、現場の施工精度が高くないと実際の性能は確保できません。

「どこの会社も使っているから、とりあえず気密シートを張ろう」では、ちょっと厳しいですよね。

そうなると逆に、部分結露等のリスクが大きくなるかもしれません。

そうではなくて、きちんと理解した上で、計算して確かめた上で工事をすることが非常に重要です。

 

電気配線が貫通する部分や

 

天井際や換気扇周り、

 

コンセント周り、

 

樹脂サッシの角部分など、重要ポイントがたくさんあるのです。

 

また、こちらの住まいは南面に大きな窓が4枚入っていて気持ちのいい開放感が味わえます!

(さらに中庭も)

 

 

冬場の日射取得を考慮して、南面は取得型ガラスを採用しています。

逆に、夏場は何の対策もしていないと日差し(熱)が強烈に差し込みますので、軒を出して日射を遮蔽します。

昼前の写真ですが、軒の影で日差しを遮蔽できているのが分かりますね。

 

 

iwamatsu

 

施工実例に【出作町の家】をアップしました!

施工事例はこちら

インスタグラム

ハウスプロジェクト

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら