【三豊市の平屋】です。

外張りの付加断熱の施工も終わり、これから外壁の左官仕上げに移っていきます。

 

 

EPS(白色の断熱材)の上に、下地のベースコートを塗り、耐クラックと耐衝撃の為のメッシュを伏せ込んでいきます。

こちらは、従来の塗り壁と比べて、クラック(ヒビ)が入りにくく、耐候性にも優れている為、将来の長期的なメンテナンスの周期とコストを抑えることができます。

また、塗り壁特有の質感(表情)も素敵です!

 

 

その後、仕上げのフィニッシュコートに入っていきます。

楽しみです!

 

 

 

それにしても、暑くなってきましたね。

皆さんも感じているかと思いますが、温暖化の影響で、確実に平均気温が上昇を続け、猛暑日数も増えてきています。

これらは、今後も続いていくと思われます。

 

 

香川県の気候変動(気象庁)

猛暑日の年間日数の変化

 

高性能住宅は、冬の寒さに対するメリットをよく聞くかと思いますが、夏の暑さについても当然、快適性や省エネ性などのメリットがあります。

様々な価値観があると思いますが、「これから家を建てるなら、やっぱり性能は必須だなぁ~」と、暑い事務所でエアコンを我慢しながら、このブログを書いていて感じます(笑)

iwamatsu