今日は、2組のお客様との打合せがありました。

蒸し暑い一日でしたが、ありがとうございました!

 

弊社オフィスに飾ってあるアンティークのタイプライター。

お子さま達に大人気です。

カチカチとメカっぽいのが楽しい。

 

 

さて、こちらは【観音寺の家】

大工さんが壁の下地ボードを張ってくれています。

その下地ボードを張ると見えなくなる気密シートですが、弊社では、一般的な気密シートではなく、調湿気密シートを使います。

イゾベール・バリオ

 

 

普通の気密シートより高価にはなりますが、夏型結露のリスク対策として全棟で採用。

特徴は、壁の中の湿度環境に応じて性質が変化する特性を持った気密シートで、夏は透湿性を発揮して壁の中の湿気を逃がし、冬は防湿性を発揮して、室内の湿気を壁の中に入れません。

これにより「冬期は防湿」「夏期は透湿」の両方を実現することができる為、四季のある年間を通じて、内部結露を防ぎ、目に見えない壁の中を安全な環境に保ちます。

結果的に、おじいちゃんおばあちゃんになっても快適で安心に暮らせます。

要は、家の耐久性(長持ち)も高くなるということですね。

年を重ねてから、めっちゃ寒い家とかイヤです(^_^;)

以前にも書かせていただきましたが、この対策ができていないと、はじめは良くても【長期間の内部結露で腐朽菌が繁殖し、その影響で構造体が腐朽し、耐震性能と断熱性能が低下】する可能性があります。

省エネ性能の大切さとともに、長く住めるという耐久性も大事ではないでしょうか?

 

 

iwamatsu

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら