暑さと湿度ともに高くなってきて、

不快感を感じる季節。

これからの季節は、通風だけでは厳しいので、

エアコンは必要不可欠です。

今回は、そんなエアコンの選び方・買い方に

ついて【ホントは安いエコハウス】を参考に

書かせて頂きます。

 

 

まず、エアコンを購入する際には

畳数や価格を注視すると思いますが、

カタログやチラシに記載されている畳数は

あまり参考になりません。

 

その理由は、

表示されている目安畳数は

1964年(約54年前)に制定されてから

一度も変わっていないから。

 

しかも、

当時の断熱材が入っていない無断熱住宅に

合わせて決められている為

現在の住宅性能に合っていないのです。

 

詳細については、

以前のブログで書かせて頂きました。↓

エアコンの話

(エアコンの冷気が嫌いな人が多い理由

についても書いています。)

 

では、どんなエアコンを選べばいいのか?

 

答えは、

効率のいい(燃費のいい)エアコンを

選ぶこと。

 

同じ畳数、同価格帯でも、

機種によって冷暖房の効率が違います

 

要は、同じ電気を使っても

1の電気を3倍にしかできない機種

(低効率)もあれば

1の電気を5倍にして冷暖房できる機種

(高効率)もあるということです。

 

買うなら、高効率の機種がいいですよね。

価格は高効率の方が若干高いですが

10年以上使うエアコンですので、長い目で見る

費用対効果も高効率の方が良くなります。

 

そして、効率の良し悪しの指標となるのが

APF(通年エネルギー消費効率)という数値

です。

この数値は、カタログやチラシにも記載

されています。

数値が高いほど効率が良いということなる

のですが

このAPFが6以上のエアコンをおススメします。

これは、住宅の性能や持ち家/賃貸に関係なく

言えることです。

 

その上で、

高性能住宅(HEAT20G2レベル)の場合は

約40坪ほどの住宅だと16畳用エアコン1台

(8畳用エアコンなら2台)で室内全体を

快適に保つことができます。

これは、吹き抜けを設けたり、

昼間室内のドアを

開けておいたりして、

家中に空気が循環できるように

していれば十分実現可能です。

 

また、書籍では、メーカー全社において

200Vの14畳用のエアコンが

圧倒的にコストパフォーマンスが高い傾向にあると書かれています。

 

そして、エアコンの使い方ですが、

普通は、外出時に切って、帰ってきたら入れたり

という間欠運転(人がいる時だけ)ですよね。

えー!?と思うかもしれませんが、

書籍では、性能の高い住宅の場合は、

連続運転

(24時間人がいてもいなくても付けっぱなし)

推奨しています。

 

これは、自動車で例えるとずーっと60キロの

定速5速運転している状態になります。

エアコンを付けたり切ったりを頻繁に行うと

切るとだんだん室温が上昇

(せっかく冷やした熱が逃げていく)

→暑いので入れる

(またエネルギーをたくさん使って初めから冷やし直し)

→外出するので切る

(また、・・・の繰り返し)

これでは、エネルギーをたくさん使うことに

なってしまいます。

 

室温が高い状態から冷房運転を開始すると

初めの1時間くらいはフルパワーで稼働する

必要があるそうです。

自動車で言うと、

渋滞で停止や発進を繰り返している

ようなことと同じです。

これでは、

燃費(効率)が下がってしまいますよね。

 

また、意外かもしれませんが、

冷房費は暖房費よりもはるかに安いです。

我が家でも、昨年エアコン1台の連続運転

(基本27℃設定)をやってみましたが

光熱費は毎月、全部で1万円以下。

家の中もずっと適温で快適

もちろん湿気のシメジメ感も少ない。

夜中に寝苦しくて目が覚めることも

なくなりました。

そして、家に帰ってきて玄関を開けた時に

モワァ~としていないのがうれしいです。

正直、引っ越し前のアパート暮らしの生活から

劇的に温熱環境が変わってびっくりしました。

ちなみに、今年も数日前から連続運転中です。

2階吹き抜け部分のエアコンで

家全体を冷房しています。

 

今年のエアコン選びの参考にしていただける

と幸いです。

 

iwamatsu

 

家づくりで気になることがあれば、どんなことでもお気軽にご相談ください。

★ブログ一覧はこちらから。

資料請求はこちら。