先週末は、3組のお客様と打合せをさせて頂きました

そのうちの2組のお客様は、これまで見学会やご相談に足を運んでくださっていた方で、弊社の家づくりについて具体的なお話をさせていただきました。

土地も、見に行かせていただきますね。

そして、共に、家の性能の重要性を理解されているお客様。

 

国の基準は、あくまでも最低の基準なので、今の基準で建てることはおススメしておりません。

(省エネ基準は、まだ義務化もされていない状況ですが(;^_^A)

家は長く住まう場所。

そのため、今だけではなく、30年以上先を見据えた性能の設計をすることを大切にしています。

 

↓国も、気づかない内にサラッと、こんな法律を成立させていたのですね↓

省エネ性能の高い住宅 普及促す法律 成立(NHK)

まずは、大手住宅メーカーからのようですが、この記事から国としても、基準を義務化して、段階的に上げていく考えがあるように思いました。

早ければ、数年後には地元の中小工務店も対象となるかもしれませんね。

 

このような流れの中、皆さんはどの性能レベルで建てますか??

A今はいいけど、将来、基準が義務化され、既存不適合住宅になる可能性のあるレベル。

B, 30年後でも、その時の基準を満たしている可能性が高いレベル。

価値観は人それぞれかと思いますが、弊社は、B をおススメしております。

(といいますか、普通の性能の家は建てません。)

ちょっと、話が熱くなってしまいましたが・・・

 

そして、もう1組の方は、ただ今、建築中の【観音寺の家】のお施主様。

外構屋さんとの打合せの後、こちらで造作家具の塗装色などの打合せさせていただきました。

現場の方は、夏頃の完成に向けて進んでおります。

iwamatsu

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら