【観音寺の家】です。

天井の断熱材を施工しました。

こちらの家は、桁上断熱仕様。

今回は、断熱材に吹込みグラスウールを採用しました。

イメージとしては、セルロースファイバーのグラスウール版とでもいいましょうか。

 

 

圧縮されたグラスウールを、ドイツ製の赤い撹拌機でほぐしながら、ホースで天井裏に送っていきます。

メリットとしては、狭くて施工しにくい部分にも、断熱材がすき間なく隅々まで入っていきますので、断熱欠損や結露リスクも少なくなります。

 

 

小屋束に目盛りを張って確認しながら、330㍉の厚みで吹き込んでいきます。

他県では、広く認知され、高性能住宅にも採用されている断熱方法になりますが、残念ながら、四国にはまだまだ施工業者が少ないそうです。

断熱性能の高さは当然のことながら、施工精度の高さと工期短縮にも優れているので、四国でももっと広がっていってほしいものです。

 

そして、こちらでは近々、気密測定を予定しております。

すでに気密処理も万全です!

 

 

窓周り部分や、

 

電気配線やエアコンダクトの貫通部分や、

 

梁の接合部分や、

 

コンセントやスイッチ周りや、

 

透湿防水シートのタッカー止め部分など、

押さえておくべき大事なポイントがたくさんあります。

iwamatsu

 

施工実例に【三谷町の家】を追加しました

ロフトのあるセロエネルギー住宅

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら