建築中のN様邸の気密測定報告書が届きました。

住宅の実際の気密性は、現場で測定してみないと分かりません。

そのため、すべての新築住宅で実施しています。

気密性については、以前お越しいただいたお客様からこんな話を聞きました。

「この前、気密性が高い家の見学会に行ったら、気分が悪くなったんです。」とのこと。

はっきりとした原因はわからないのですが、ひとつ考えられることは、合板フローリングやクッションフロア、ビニールクロス、接着剤、カーテンなどに含まれている化学物質かもしれません。

シックハウス症候群 (厚生労働省)

 

もちろん、国がシックハウスの基準と換気の基準を定めている為、基準内の住宅だと思うのですが、空気中の化学物質の濃度をゼロにすることは難しいのです。

(一般的には、新築完成時が最も濃度が高く、特に暑い季節は化学物質が揮発しやすく、その後抜けていって徐々に濃度は低くなるといわれています。)

そして、そのわずかな化学物質でも気分が悪くなってしまう過敏症の方もいらっしゃいます。

化学物質過敏症支援センター

 

一般の人には、問題ないレベルでも過敏症の方には影響を及ぼしてしまう可能性があるのです。

また、過敏症の症状は人によって異なる為、気を付けることが大切です。

 

住宅の高気密化が進む中で、家づくりで使われる材料や家の中の空気を新鮮に保つための換気計画は非常に重要だと感じます。

もちろん、高気密が悪いと言っているわけではなくて、各部材の選定や建て主のことなどをトータルで考える必要があると思った次第です。

もし、新築に入った時や、新車に乗った時に、頭痛がしたり気分が悪くなった経験のある方は、その旨を伝えておくことをおすすめします。

 

iwa