【観音寺の家】です。

断熱材を入れていく前に、しておくべき気密処理をしました。

 

 

 

細かな部分ばかりですが、コツコツとひとつずつ処置をしていきます。

他にもいろいろな部分があるのですが、全体として2重3重の対策を取っています。

 

 

最近は、簡単に気密が確保できる工法もあるようですが、新築時は同じであっても、数年で性能値が落ちるのを抑えたいからやっています。

木造住宅は、完成してから1、2年は、木が痩せるし、動くのものです。

 

 

いつも差し入れありがとうございます!

また、他のお客様からもGWのお土産を頂きました。

ありがとうございます。

 

iwamatsu