こちらの現場では、ダイニングの造作テーブル兼作業カウンターが取り付けられました。

でも、これで完成ではありません。

使いやすく機能性を高めるために、さらに手が加えられる予定です。

 

キッチンの袖壁には、壁を凹ませて丸棒を掛けました。

S字フックをつけて、お玉や菜箸などお料理で使う道具たちを掛けることができます。

取り出しやすく、片付けしやすく。

 

大工さんは、2階の天井ボードを施工中。

もう少しで貼り終わりそうです。

ロフトになっている為、天井は斜めで仕上げます。

細かな納まり箇所もあり手間がかかる為、工事期間もかかりますが、丁寧に仕上げてくれる大工さん。

ありがとうございます!!

かけた手間の分、素敵な住空間が生まれると考えて家づくりをしていますので。

 

こちらは、子供部屋の間仕切り建具(引き戸)が通るレール。

こちらの建具も造作のため、既製品のレールは使えませんので、現場で製作しています。

「これも大変だったんよ~。」と大工さん。

この後、レール間にも石膏ボードをはめ込んでもらいます(^_^;)

 

造作は、その家に合わせてデザインすることができるので、こだわりたい方はぜひ。

 

また、床と壁の取り合い部分の巾木は、細くてシンプルなフクビを使います。(白い建材です)

一般的には、もっと太いです(ご自宅の巾木を見てみてください)

こちらの方が、完成したときの空間がすっきり見えて好きです。

コツコツと地道に家づくりのお手伝いができれば、うれしいことです。

iwamatsu

 

★ブログ一覧はこちらから。

資料請求はこちら。