5月25日・26日の完成見学会の見どころを紹介します。

見学会のお知らせはこちら

 

今回は、性能についてです。

まずは、省エネ性ですが、こちらの住まいは、Ua=0.41です。

数値だけ聞いてもよく分かりませんね(;^_^A

下の表を見ると、HEAT20のG2レベルよりも良い性能となっており、温度で言うと、冬の朝、暖房をつけていない状態で家の中が13℃以上を保つ家になります。

(実際には、テレビや冷蔵庫等の家電や人間から熱が出ているので、もう少し暖かくなります。)

 

そして、そうする為に、窓はオール樹脂のトリプルガラス(日射取得タイプ)、断熱は充填と付加断熱のW断熱となっています。

もちろん、気密性も確保(C=0.11)。

 

あと、使う材料の他に、弊社が大切にしていることは、工事前の燃費計算と、工事中の施工精度の確認です。

まずは、工事が始まる前に燃費計算をして、性能を数値で確認します。

家は、一棟一棟、間取りや窓の大きさ・数、敷地の方位などが異なるため、その家ごとに確認しないと分かりません。

ちなみに、こちらの住まいの燃費計算結果は↓↓

そして、工事中には気密測定サーモカメラで施工精度を確認します。

なぜなら、いくら計算上は良くても、家は現場でいろんな職人さんの力をかりて創り上げていくもの。

せっかくいい材料を使っても、施工が良くないと、意味がありません(計算通りの良い家にはなりません)。

その為の確認です。

(弊社の場合は、高性能住宅に慣れている大工さん、職人さんと一緒にしていますが、それでも全棟確認します)

 

その他にも、省エネ性能については、このブログ内でもたくさん書いてますので、興味のある方はご覧ください。

断熱・気密・窓のこと

 

予報では、この土日の最高気温は30℃まで上がって暑くなりそうなので、良かったです(笑)

 

あと、耐震性は耐震等級3(性能表示計算)となっております。

 

現場の方は、本日、美装(清掃)を行いました。

工事中の養生がはがれて、床が見えてくると、印象がガラッと変わってわくわくしますね。

 

 

 

iwamatsu

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら