恐れ入りますが、GW中の5月3日~6日の期間は、休業とさせていただきます。

何卒、よろしくお願いいたします。

皆さま、よい連休をお過ごしください(^^♪

 

さて、前回のブログの続きです。

前回のブログはこちら。

前回は、夏の日射遮蔽の重要性をお話しました。

では、具体的にどうすればいいのでしょうか。

私なりに思いつくことを書き出してみると、

・窓をオール樹脂製トリプルガラスにする。

・窓ガラスを日射遮蔽ガラスにする。

・家の窓の数を減らす。(南面以外は窓を少なく、小さくする)

・室内側に、ハニカムスクリーンをつける。

・屋根のを出す。(庇をつける)

・屋外側に、外付けのブラインドやスクリーン、タープをつける。(簾、よしずなど)

・家の周りに木を植えて日陰を作る。

・外回りのコンクリート土間面積を減らし、芝生やグランドカバーを植える(照り返しを減らす)

すぐに思いつくのは、こんなところでしょうか。

新築に限らず、今の住まいでもできることもありますので試してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、我が家は、窓ガラスを遮蔽タイプにして、外にタープをつけています。

また、昨年、緑のカーテンに憧れてアイビーなどのつる系植物を植えました。

今年はどこまで成長してくれるか楽しみにしています。

また、意外と知られていないのですが、夕方の西日だけではなくて、朝の東日も同程度の熱量があります。

そして、東日と西日は角度的に庇や軒だけでは遮蔽できないので注意が必要です。

(資料:人生を変える住まいと健康のリノベーション)

今年の夏を涼しく過ごすために、何かひとつ日射遮蔽対策を講じてみてはいかがでしょうか。

まずは、ホームセンターをのぞいてみましょう。

 

iwa