高断熱住宅に特化した雑誌【だん】の第3号が発売されました。

今回のテーマは、「ママが楽しく暮らせる家」

 

 

その中で、私が個人的に気になったのは、ママ200人へのアンケート結果です。

(楽天インサイト調べ)

調査結果を見てみると、一般的な住まいと比べて光熱費が下がるだけではなく、病気やイライラなど家族の健康や精神的な部分でも変化があると言えそうです。

私自身も実体験から、そのように感じます。

 

 

 

あと、【断熱・気密性を重視しなかった】ママさんの重視しなかった理由の中で、【この性能が大切だということを知らなかった】という方が、24%以上もいたという実態。

 

 

当然、どんな家を建てるかを決めるのはお客様だと思いますので、断熱&気密性をどうするかは個人の自由だと思います。

住宅会社さんによっても、そこの考え方は違うと思いますし。

ただ、事前にお客様が断熱&気密性についてきちんと知って検討した上で、どうするかを決めた方が良いのではないかと感じています。

家に限らず何でもそうですが、メリットとデメリットがありますので。

情報を知らないというのは、本当にもったいないことです。

↓↓実際に、建てた後の不満調査ではこうなっています・・・

省エネ基準の義務化は見送りになりましたが、その代わり、建てる前にその家の省エネ性能をお客様に必ず説明する事が義務化されることになったので、こういうことは減ってくるとは思われます。

iwamatsu