【三豊市の平屋】です。

壁の断熱工事がほぼ完了しましたので、次は天井の断熱工事に移ります。

 

 

壁と同じ裸グラスウールを入れていきます。

上部の作業となりますので、壁の時よりも大変です。

高性能断熱材の為、ふわふわなのですが、硬さも持ち合わせており、垂れ下がってはきません。

イメージとしては、ダウンジャケットに使われる羽毛に似た感触です。

 

 

また、隅などの狭いところにも、ちぎって詰めることができるため断熱欠損も少なくすることができます。

例えば、こんなところとか↓↓

 

仕上がりの見た目はきれいに入っているようでも、実は奥まで入っていないこともありますので注意が必要です。

(ダウンジャケットも、全体がパンパンに詰まっていますよね。もし、羽毛が偏ってしまうと入っていない部分は寒いですよね。)

 

また、従来のグラスウールと比べて、工事をする職人さんにもやさしい断熱材です。

施工者にフレンドリー

 

 

そして、弊社の場合、天井には、10.5㎝厚の断熱材を2層重ねて入れていきます。

合計21㎝の厚みとしています。

 

 

特に、夏になると太陽の日射熱はほぼ真上から降り注ぎますので、天井面(屋根面)の断熱強化は大切になります。

 

今、アパートやマンションの最上階でお住まいのお客様からはよく、「夏、部屋がすごく暑いんです・・・」というお話を聞きます。

それは、天井面の断熱材が足りていないことも原因と思われます。

 

ということは、「断熱材は〇〇を使っているので、いい家です」ではなく、「断熱材の〇〇を〇〇㎝の厚みで入れることで、天井の熱貫流率が〇〇になるので、夏の屋根からの熱を防ぐことができます」という方が、正しいと思います。

性能の高い断熱材を使っても、厚みによって家の温熱環境は変わりますので、ここも重要なところです。

 

 

最後に、これらの断熱工事。

正直言いますと、手間のかかる仕事です。

また、使う材料は同じでも、現場での施工精度によって省エネ性能が変わることもありえる重要な部分。

丁寧に施工してくれている職人さんたちには、本当に感謝しかありません。

 

今、家づくりをお待ちいただいているお客様もいらして大変恐縮なのですが、そういう理由もあり、急いで建てることができないのです。

 

そして、今週末には、このような断熱工事がされているお家での完成見学会がございます。

よろしければ、お気軽にご覧いただけると幸いです。

見学会のお知らせ

 

iwamatsu