【三豊市の平屋】です。

現在、職人さんが壁の断熱材を充填しています

弊社では、袋に入っていない高性能裸グラスウールを使用しています。

裸グラスウール

 

一般的な袋入りグラスウールと比べて施工手間はかかりますが、壁の中にすき間なく同じ厚みで入れることができます。

その為、部分的な温度差も生まれにくく、内部結露リスクも軽減できます。

その為、寒さの厳しい北海道や東北の高性能住宅でグラスウールを使う場合は、裸グラスウールが一般的のようです。

マグ グラスウール施工事例

 

 

また、発泡系やボード系の断熱材と比べるとコスト面も抑えることができます。

そして、断熱材自体の密度が高い為、一昔前は、グラスウールはずれ落ちるというデメリットもありましたが、そういったこともありません。

 

 

上記の理由で、弊社ではこのようにしております。

もちろん、裸グラスウールが一番良いと言っているわけではありません。

断熱材にはいろいろな種類があり、一長一短ありますので慎重に選定することが必要かと思います。

 

 

このサーベルで、カットしながら入れていきます。

断熱材は、柱の間に入れていくのですが、実際の寸法よりも少し断熱材の幅を広く調整している為、経年変化で木材乾燥によるすき間ができてもグラスウールが広がって(追従して)、すき間ができるのを防ぐような仕様にしています。

 

 

その後、調湿気密シートを張っていきます。

このシートの役割は、気密の確保と壁の中に湿気が入ることを防ぐ防湿の為です。

 

 

気密シートで大切なことは、切れ目なく施工することが重要なので、窓周りや桁部分の先張り気密シートとつなげて連続させるように張っていきます。

切れ目があると、そこから壁の中に湿気が入り、家の耐久性に影響を及ぼすリスクがあります。

特に、壁と窓の取り合い部分や、梁と壁の凹凸部分などは、シートが切れやすいところになりますので、注意が必要です。

 

 

シート同士のジョイント部分には、専用の気密テープで繋ぎます。

コンセント部分は、気密型のコンセントボックスを使い、テープで処理します。

この黒い気密テープは、めちゃくちゃひっつきます!

 

 

今日のブログ内容は、参考になりましたでしょうか?

実際、完成すると見えなくなる壁の中は、お客様にはなかなか分かりにくく、興味も薄い内容かもしれません。

たぶん、今回の話はあまりおもしろくないですよね (;^_^A

(構造や性能のことが大好きな方は別ですが・・・)

どうしても、完成時の目に見える部分(デザインや雰囲気)の方が気になると思いますし。

でも、家の省エネ性、耐久性にとっては、一番大切な工事内容になります。

iwamatsu

 

 

★4月20日・21日の完成見学会の予約を受付中です。

 詳しくはこちら。

おかげさまで、4/20、10時の枠は埋まりました。

 ご予約を頂いているお客様には、明日から案内地図をお送りしますね。

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら