まずは【寺井町の家】

来週の上棟工事に向けて、土台敷きを行いました。

土台敷きとは、基礎の上に土台を置いて固定することです。

 

 

 

弊社は、木材の断面欠損が少ない金物ピン工法の為、下の写真のようなすき間は生じます。

このままでは、冬の冷気の影響が大きいので、適切な処理が必要です。

 

 

発泡ウレタンで埋めていくのですが、底が空いているこの状態で処理しても下に落ちてしまうので、まずは下から気密テープで底を作ります。

 

 

その後で、断熱気密処理を。

 

 

完了!

この時から、高性能住宅で重要な工事は始まっているのです。

 

 

土台のあとは、床の断熱材を詰めていきます。

すき間なく入れる為に、寸法に合わせてカットされた高性能な断熱材を入れていきます。

ピッチピチなので、入れるのも大変。

体重をかけながら少しづつ。

 

 

ホント、ピチピチです。

 

 

 

そして、土台と断熱材の部分をテープで気密処理。

結構、腰にキマス・・・。

 

 

それから、床の合板敷き。

 

 

合板同士のジョイント部分もテープにて気密処理!

こういう手間のかかる部分を一つ一つきちんと施工することで、床断熱でもC値0.2~0.1が実現できると思います。

 

 

床断熱は、シロアリに関しては基礎断熱に比べてリスクが低いのですが、きちんと処理しておかないと逆に床下結露の原因になることがあるので本当に重要なんです。

 

最後に養生をして終了。

 

 

施主さまから差し入れも頂きました。

ありがとうございます!

 

 

明日は、先張りシートを準備します。

あと、完成見学会をする【三木町の家】の美装も明日です!

金曜か土曜日には、美装後の完成写真をアップしますね。

私も楽しみ (^^♪

あ、やっぱり日曜かな…

iwamatsu

 

 

★3/27,28 完成見学会

完成見学会のお知らせ

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

ハウプロの家づくりについて(Q&A)

施工事例はこちら

資料請求はこちら。