今日のニュースで経産省より太陽光発電の買取価格(出力10kw以上)の方針が発表されました。

ニュース記事

やはり年々買取価格は下がっていくのは避けられそうになさそうですね。

固定価格買取が終わる10年後って一体いくらで買い取ってくれるのでしょうか?

初期費用は回収できるのか?

などいろいろ疑問がありますよね。

 

2009年からこの制度がスタートしたので、来年2019年が初めての買取期間が終了することになります。

2009年に設置した人は、11年目からどうなるのか。

その疑問について、資源エネルギー庁が昨年末にようやく国の方針を発表しました。

(でも、文章には不明確な言い回しのところもあって少し分かりづらいです。)

住宅用太陽光発電に係る2019年以降の FIT買取期間終了を契機とした対応について

読んでみると、国の方では11年目の買取義務はないから、自家消費するか、各自で電力会社に自由契約を結んで売電しなさい的な感じで書かれています。

 

私の個人的な意見ですが、10kw以上の大容量の太陽光発電を設置するのは控えたほうがいいように感じています。

(海外のように安く設置できるなら別ですが…また、ご自身でビジネスとして開拓してたくさん売電したいという方も別ですが…)

ただ、原発に対する世論や世界の動向、化石燃料による発電コスト上昇などを考えると、電気料金は今後上がっていく可能性もあると思いますので、3~4kwの容量で設置して売電目的ではなく、自家消費するのがいいのではないでしょうか。 

幸いにも、香川県は晴れの日が多いため恵まれていますし。

そして、電気自動車の開発が急速に進む中で、近い将来蓄電池の価格も下がってくると思われます。(国内メーカー&テスラ頑張れ~)

また、再エネ賦課金も単価が上がっていっている為、購入する電力量を減らすのがいいのではというのが私の考えです。

(決して電力会社さんを批判しているのではありませんので)

先日も、お施主様と「再エネ賦課金って結構高いよね~。去年の明細書と見比べると高くなってたよ~」なんてお話になりました。

 

 

P.S.

昨年12月に放送された、これからのエネルギー問題に対する世界の流れを知ろことができる番組です。

激変する世界ビジネス “脱炭素革命”の衝撃(NHKスペシャル)

住宅性能や省エネに注力されている住宅業界の多くの方が見た番組です。

アメリカがパリ協定を離脱すると話題になったCOP23。

実はその時、日本も世界からブーイングを受けていたとは知りませんでした。

悔しいですね。また、世界が驚くようなシステムを作ってほしいです!

ご興味あれば見てみてください。

(you tubeは再生速度を変えられますので、時間のない方は早送りでも見れますよ)