先日、造作キッチンのお話しをしました。

キッチンは、家づくりの中でも、こだわりたい方が多い場所ではないでしょうか。

そのキッチンは、大きく2タイプに分けることができます。

1つは、キッチンメーカーさんのシステムキッチン。

もう一つは、世界に一つだけのオーダーキッチン(造作キッチン)。

今回は、その造作キッチンの扉のお話。

 

システムキッチンは、収納量や機能性など使いやすさに優れたキッチン。

ただ、どうしても選べる扉の種類に限りがあります。

「SNSで見つけたこんな扉が好き!」

「機能性よりも雰囲気を優先させたい。」

そんな方には、造作キッチンをおススメします。

数百種類の素材、色に対応しているので、きっとお気に入りが見つかるはず!

 

オーク材

さらに、こういった扉材は、キッチンだけではなく、カウンターや棚板、造作の家具や洗面台にも使えます。

オークの一枚板なんて高くてとても手が出ませんが、本物の突板であれば実現可能です。

集成材のカウンターは、どうしても継ぎ目のラインが入りますから。

 

こちらは、エイジング加工された扉。

洗面鏡を囲う木枠にもアレンジできます。

安っぽいいかにもエイジングではなく、すごくリアルです。

 

艶消しのステンレス。

 

そして、石なんかもあります。

個人的には、この加工技術にびっくりしました。

ザラザラとした石の質感も楽しめます。

こだわりのキッチンが欲しい方は、ぜひぜひお声がけください(^^♪

iwamatsu

 

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら