今日お話しをさせていただいたお客様が、

「実は、ご入居中のお家の見学会に参加してみたら、それほど暖かくなかったんです。」とおっしゃっていました。

私は、見ていないのでそのお家自体のことは何とも言えないのですが、お客様に詳しく話を伺ってみると、どうやら理由の一つが見えてきました。

それは、【今現在、自分が住んでいる家が暖かいと、他の家は暖かいと感じない】ということです。

そのお客様は、今マンションの最上階にお住まいで、冬、それほど暖房を入れなくても暖かいそうです。

なぜかというと、お隣さんのお部屋が断熱気密の役割を果たしていて、さらに南向きに大きな窓(リビング)をとるマンションが多い為、南からの太陽の日ざしが多い(日射取得量が多い)ので暖かいのです。

また、南に屋根付きのバルコニーがあることが多いので、夏は、日射遮蔽(熱い日差しを遮る)の効果も抜群です。

(※ただ、最上階の夏は結構暑いとおっしゃっていました。上が屋根ですからね(;^ω^)

※ホントは安いエコハウスより。

上の図のように、マンションの中部屋(赤色の部屋)はさらに上下左右が囲まれているので、自然と断熱効果が高いのです。

また、鉄筋コンクリート造だと、すき間も少なく気密性能も高いです。

 

ということは、今、新築をお考えの方で「①南向き②ペアガラス③中部屋」に住んでいる方は、注意が必要です。

(学生時代に中部屋に住んだことがある方や、北海道・欧米で住んだことのある方も同様です。)

どういうことかというと、そういう方は新築を建てる際に、温熱性能も高めておかないと「新築なのに寒い」「前住んでいたマンションの方が暖かい」ということになる可能性があるかもしれません。

一戸建ては、お隣さんと引っ付いていないので、壁の外側が屋外ですからね(;^_^A

また、逆に考えてみると、中部屋の中古RC造マンションを購入されてリノベーションすると、温熱性能の費用は抑えながら快適な住まいが創れるということです。

家づくりのご参考になれば幸いです。

 

iwa