【出作町の平屋】です。

さて、本日こちらの住まいで、気密測定を行いました。

 

これは、家のすき間を測定するものです。

C値(すき間相当面積)と言われています。

一般的には、C値=1以下が高気密といわれるようです。

また、室内の換気を計画通り行う為にも、C値=1以下が必要となります。

そして、結果は・・・

 

 

C値=0.11。

家全体で、約17㎠(約4センチ角のすき間)のすき間面積になります。

非常に良い結果でした。

また、n値は1.24。

n値は、1~1.5が理想の数値で、これも良い数値となりました。

 

(分かる方には分かる小口径型も登場です)

 

弊社の場合は、C値0.5を最低数値と決めています。

C値や気密性能は、最初の数年で劣化すると言われておりまして、それを見越して0.5以下としています。

新築時にその数値以下であれば、将来、経年劣化しても、高性能をキープできると考えての事です。

 

そして、実は、これは2回目の測定値です。

1回目は、C値=0.2、n値=1.7でした。

これでも、十分良い数値ですが(;^_^A

そこで、室内を確認したところ、気密処理が不十分な部分を見つけることができ、その対処をした後の測定で0.1が出ました。

 

 

家は1棟1棟、間取りや窓の形状、数などが異なりますので、全棟気密測定をして施工精度を確認することが大切と思います。

工事前の計算で性能値が良くても、実際の施工が疎かになってしまうといけませんので。

 

 

 

そんな現場を見学できるイベントを今週末に開催します。

まだ、参加予約受付中ですのでぜひ !(^^)!

断熱・気密&構造現場体感会

 

iwamatsu

 

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら