今日は、プラン提案でした。

じっくりお家でプランを見てみてくださいね。

チョコも頂きましてありがとうございます!

 

 

午後からは、新規のお客様が来店。

ハウプロの家づくりについてお話しさせていただきました。

下に書いてる基礎の地中梁や断熱工事のことなど弊社が大事にしているところもお伝え。

一生に一度の家づくりですので、いろんな会社の話も聞いて検討してくださいね。

 

 

そして、先週平日は

【寺井町の家】

先ほどの地中梁も含め、第三者機関による配筋検査でした。

 

 

実は、こちらの検査員の方は、30年以上前に建てたご自身の家で、エクセルシャノン社の樹脂サッシを使われています。

日本でアルミサッシが全盛だった30年以上前に樹脂サッシを使うってすごいことです。

ちなみに、エクセルシャノンは40年以上前から樹脂サッシを生産している日本の樹脂サッシ専門メーカーです。

エクセルシャノン

現在も窓の不具合はないそうで、耐久性も問題ないそうです!

たまに、樹脂サッシは耐久性が低いという誤った説明をしている住宅会社さんがいるようですが、そんなことはないですよ。

 

こちらは【坂出の家】

壁の断熱工事中です。

ボード(耐力面材)と柱/間柱の間をウレタンで気密処理した後に、裸グラスウールを詰めていきます。

 

 

 

屋外側でもボード(耐力面材ダイライト)の継ぎ目部分を気密テープで気密処理した後、

 

 

透湿防水シート(白色)を張っていきます。

この時、シートどうしのつなぎ目は両面テープにて張り重ねて、つなぎ目から空気が移動しないようにしています。 

空気が動くと、熱も一緒に運んでくるので。

 

 

この上から、付加断熱工事に進んでいきます。

付加断熱とは

 

iwamatsu

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

ハウプロの家づくりについて(Q&A)

施工事例はこちら

資料請求はこちら。