【出作町の平屋】です。

只今、断熱気密の施工中です。

 

壁の断熱材は、高性能裸グラスウールを使用しています。

(写真:上福岡町の家)

一般的な袋入りのグラスウールでは、筋交い部分の奥まできちんと断熱材を充填することが難しいので、裸グラスウールを使っています。

裸グラスウールの場合、そういった部分にも充填できます。

(写真:上福岡町の家)

 

施工後、正面からみるときれいに仕上がっているようでも、もし奥まで詰まっていない場合、断熱欠損となり温度ムラが生じます。

これは、寒い冬にサーモグラフィカメラでみるとよく分かります。

 

 

断熱材を入れた後は、その上から調湿気密シートを張ります。

調湿気密シート

このシートは、家の気密性を高めるとともに、防湿層の役割も果たしています。

そして、調湿の言葉通り、目に見えない壁の中の湿度を調整してくれます。

具体的には、冬は防湿性能を発揮し、夏は透湿性能を発揮します。

その為、一年を通して壁の中の湿気を適正に保つことができますので、壁体内結露を防ぎ、家の耐久性にも高い効果があります。

余談ですが、昨日、20代の新規のお客様がご相談に来られました。

「何年、住みますか?」とお聞きしたところ、「60年くらいですかね」とおっしゃっていました。

一言に性能と言っても、様々な性能があります。

長く住まう家には、耐久性という性能も大切と考えております。

 

 

いつもありがとうございます(^^)/

iwamatsu

 

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら