【三谷町の家】

気密測定を行いました。

といっても、今回の測定はです。

検証のための測定といいますか・・・。

 

通常の気密測定は、家の中の断熱材が入って、その内側に気密シートを張った後で測定をします。

こんな状態の時ですね↓↓

 

ただ、今回はあえて外部側(屋外側)のボード気密施工が完了した状態で測定しました。

(ボード気密:外壁に耐力壁として張る面材で気密を取る施工方法 ↓)

(写真:満濃の平屋)

 

さらに、その上から透湿防水シートを張った状態です。

シートが重なるジョイント部は、専用の両面テープでしっかりとつなぎ留めます。

 

その為、室内側はまだ断熱材も入っていない、こんな状態です。

(電気配線や給排水配管は引き込み済み)

 

なぜ、この状態で測定したかというと、外壁側でどれほど気密がとれているかを調べるためです。

ですので、室内の断熱気密工事が終わったら、もう一度、正式に測定をします。

測定士の中野さんもこれまで、この状態では測定したことはないそうで、みんな興味津々。

 

結果の方は、C値=0.3。

この段階で、0.3という数値が出たので良かったです。

家全体で、約6㎝角のすき間ということです。

気密施工をしていない新築住宅が、C値=2とか3と言われていますので、その10分の1ほどですね。

 

このことから、外壁側でも、気密が取れていることが分かりました。

気密が良ければ、冬も暖かく、省エネで過ごせます!

これからの季節にピッタリです(^^♪

 

ただし、だからといって、室内側に気密シートがいらないという訳ではありません。

断熱材に湿気を通しやすい裸グラスウール等を使う場合は、内部結露を防ぐためにシートを張った方が賢明です。

特に、これからの寒い季節は、その内部結露リスクが高まります。

外がめっちゃ寒くて、家の中では暖房ガンガンで暖かいという環境になりますから。

その結果、温度差が大きくなり、結露が発生しやすい環境になります。

つまり、冬の窓ガラスの結露と同じことが、壁の中で起こるかもしれないということ。

 

その為、弊社の場合は、基本的に気密は外壁側でとり、内側は防湿層の役割という考えです。

そして、シートには、季節によって可変する調湿気密シートを使っています。

これにより、冬期の防湿・夏期の透湿を可能にし、構造躯体内の湿気を適切に維持することができます。

その結果、内部結露を防ぎ、耐久性が高く長持ちすると考えています。

 

 

 

夏と冬では、室内と屋外で温度と湿度が異なる為、壁の断面構成をきちんと考えての工事をおススメします。

内部結露(壁の中で結露する)は、目に見えないので怖いです。

ここまで必要ないと言われるかもしれませんが、弊社の場合はこういう方法をとっております。

(資料:日経ホームビルダーより)

 

また、一言に結露といっても、初期型結露、夏型結露、冬型結露といろいろなタイプがあります。

なんだか、難しそうな話になってきましたね(-_-;)

(資料:SuiSui分かる結露の本より)

 

話が長くなりましたが、今回は外壁側の気密に問題がないことが分かって良かったです。

これから、引き続き、室内の断熱気密工事を進めてまいります。

 

あと、こちらの現場で構造見学会を予定しております。

12月17日の週ぐらいで予定しておりますが、詳細は決まり次第、ブログとサイトにてお知らせいたします。

年の瀬も近いので、あまり来られないかなぁ~。

iwamatsu

 

 

★ブログ一覧はこちらから。

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら