香川で海外の輸入壁紙を取り扱われているwallpaperhouseさんと壁紙談議。

wallpaperhouse. takamatsu

現在建築中のお家でも、一部アクセントとして使う予定です。

輸入壁紙の魅力は、日本製にはないデザイン、色、質感ではないでしょうか。 とにかく素敵です! 本物の油絵?と思う壁紙もありました。写真のカタログでは分からない(表現できない)良さがありますね。

サンプル帳を見ているだけでわくわく楽しくなりますし、ついついカットサンプルを触ってしまいます(^^♪ 

日本製と比べると少し価格が高いので、室内全てに使うには厳しいかもしれませんが、リビング壁の一部やトイレの壁などにアクセントで貼るとおもしろいと思います。

 

 

コストを優先している国内メーカーと、壁紙の質・価値を優先している海外メーカー、当然作られる壁紙も違ってきますよね。

ただ、決してどっちが良くてどちらかが悪いということを言っているのではなくて、お互いの長所があり価値観もお客様によってそれぞれなので自由です。

壁の仕上げ素材選びも楽しみましょう!! 

 

それにしても、wallpaperhouse高松の社長の熱量がすごかったです。壁紙に対する強い愛情を感じました!

ご興味のある方は、ぜひお店に行ってみてくださいね。 私も以前行きましたが楽しいお店ですよ。

弊社も、パートナー事業者に登録させていただいております。また、カットサンプル帳もお借りしております。