【寺井町の家】

網戸の取付けと点検にお伺いしてきました。

こちらも外構が完成していい感じ!

人工芝を敷いたお庭は、子供たちの絶好の遊び場になりそうですね。

 

 

また、先日、窓ガラスに少し結露がみられたとご連絡を頂いていたので、それも確認させていただきました。

E様から事前に送ってもらった写真↓↓

 

 

ガラスの下の方に少し結露がみられます。

実は、この結露の原因ははっきりしていて、階段の大きな窓につけているハニカムスクリーンが影響しています。

ハニカムサーモスクリーン

 

 

さらに、側面に断熱レールがついたより断熱性が高い仕様です。

 

 

窓ガラスとスクリーンの間の空気層が断熱となって、夏は日射の侵入を抑え涼しく、冬は熱をより逃がしにくい効果があります。

ハニカムスクリーンの効果

サッシは、樹脂のトリプルガラスサッシ。

 

では、なぜ結露が起こったのかというと、そもそも結露が発生する原因は、「室内の湿度の高さ」と「室内と室外の気温差」にあります。

目には見えませんが、空気中には水分が含まれています。

室温が高ければ高いほど、空気中にふくまれる水分量は多くなります。

夏は気温が高いので、空気中に蓄えておける水分量が多くなり、湿度が高まりジメジメするわけです。

一方、冬は気温が低くなるので、空気中に蓄えておける水分量が少なくなるため、湿度も低く乾燥ぎみになります。

冬場(特に朝)は外の気温が低くなっているため、窓が冷やされます。

すると、窓の室内側の空気が冷やされて、空気中に蓄えておく水分量が少なくなってしまい、余った水分が結露として水滴になってしまうのです。

断熱性能が高いトリプルガラス樹脂サッシでも、冬の外気からの影響をゼロにすることができません。

そのため、ハニカムスクリーンを下まで閉めておいた場合、窓とハニカムスクリーンの間の空気が冷やされてしまいます。

そして、空気中に蓄えておける水分量が少なくなって、余った水分が結露として現れたのです。

(カーテンやロールスクリーンの場合は、側面や下側にすき間があるので窓とカーテンの間の空気が若干動くので結露は起こりにくいです。ハニカムスクリーンは断熱性が高い分、空気が動きにくいのです。)

この結露の解決策として、空気を動かして窓の温度を下げないために、ハニカムスクリーンの下側を20㌢ほど開けておいてもらうことを事前におススメしました。

見に行かせてもらった日の朝は、結露は見られなかったそうです。

ハニカムスクリーンを採用する際は、参考にしてみてください。

 

こちらのE様は、エアコンは21~22℃設定で運転されていて、この日は室温21℃、湿度56%(絶対湿度10.25g/m3)でした。

「いつも快適です」とのことで、床も冷たくないので、小さな息子さんも安心してハイハイできるそうです。

また、出かける前に娘さんにアウターを着せると「暑い!」と言って脱いでしまうんだとか (;’∀’)

 

iwamatsu

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

ハウプロの家づくりについて(Q&A)

施工事例はこちら

資料請求はこちら。