【丸亀の家】

大工さんが断熱材の充填を、電気屋さんが配線工事中です。

断熱材は、袋なしの裸グラスウールを使っています。

お客さまから断熱材について質問を受けることもありますが、種類も多くそれぞれに一長一短ありますので興味のある方はまた聞いてください。

 

 

断熱工事で重要なことは、配管周りや筋交い周り等の狭いところでも、奥まですき間なく断熱材を詰めること。

また、柱(や間柱)との間隔よりも断熱材の幅が少し広くなるように調整している為、経年の木材乾燥による収縮が起こっても断熱欠損が防げるように配慮。

 

 

電気屋さんの方は、エアコンや換気の配管や気密型のコンセントボックスを取り付けていきます。

室内の断熱施工が終わると、気密シート張りへ進んでいきます。

 

 

外部は、透湿防水シートを留めるタッカー部分をテープで処理。

 

 

めちゃくちゃ箇所が多いので、作業をしていると指の皮膚がヒリヒリします (;^_^A

それだけテープの密着性が強いので安心です。

外部は、付加断熱施工へと進んでまいります。

 

iwamatsu

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら