【坂出の家】

昨日、ご両家様ご列席のもと地鎮祭を執り行いました。

今月下旬の着工予定です。

おめでとうございます!

 

 

 

午後からは【三木の家】

現場にてお施主様と電気打合せを行いました。

実際の現場で、照明やコンセントの位置、高さ等を確認しています。

図面だけでは、なかなかイメージしづらい部分もあると思いますので。

 

 

エアコンの位置も現場で見てみると、フィルター掃除や暖気の流れなど気になることも共有しやすくなります。

スイッチも「こっちよりあっちの方が押しやすいかな?」と、イメージがしやすいですね。

 

そして、トリプル樹脂サッシも取り付けられました。

 

サッシを取り付ける前には、防水の為に水切りシートというものを張ってから、窓を取り付けます。

 

 

ただ、従来の水切りシートは、壁の中に湿気を閉じ込めてしまうことによる結露リスクや、雨水が浸入しやすい角部での施工手間が指摘されています。

そのため、弊社では、念には念を入れて、防水性があり湿気も通す(透湿性のある)水切りシートを使用しています。

防水、防湿、気密の為のシートです。

 

 

窓まわりの開口部を囲うように、透湿水切りシート、透湿防水シート(外部側)、調湿気密シート(内部側)を張って防水と気密の処理。

最適な部材シートを張る順番や重ねる厚みにも配慮しながら施工していきます。

窓まわりの先張りシート

 

 

iwamatsu

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。