【長尾の家】

配筋検査に合格し、耐圧版のコンクリート打設、そして立ち上がりの型枠まで設置されています。

 

 

 

【丸亀の家Ⅱ】

室内で職人さんがタイル張りを進めてくれています。

一つ一つ微妙にカタチが異なっていて味わいのあるタイル。

 

 

造作の洗面台など水回りに使います。

 

 

 

 

外では大工さんが、木工事中です。

軒天という屋根の裏側に木を張り進めてくれています。

節のない杉材を。

 

 

こんな感じに張っていきます。

コーナーは角度に合わせてカットしたり、一枚一枚張っていくので時間がかかります。

 

 

 

軒天の後は、外壁の焼杉張り、そして玄関ポーチ壁のファザートラタン工事へと続きます。

木を使った仕上げが多いので、いつもなら大工工事後に内装やタイル職人さんが入りますが、今回は大工さんがみんなに追い抜かれていきます(笑)

「みんなに抜かれていくわ~」と (;’∀’)

そのかいあって、カッコいいお家になります!

 

また、焼杉部分の壁は、付加断熱(フェノバボード使用)/透湿シート張り/下地の胴縁工事(通気層)まで完了しています。

 

 

ポーチ部分の付加断熱(フェノバボード使用)の様子。

焼杉部分の透湿シートの裏もこんな感じになっています。

このように、仕上げ材によって付加断熱の方法が変わってきます。

 

 

iwamatsu

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。