【丸亀の家】

今日から建て方です。

まずは、1階の柱から立てていきます。

 

 

弊社は金物工法の為、接合部分に金物が取り付けられています。

 

その金物に横架材を掛けて、ドリフトピンで固定していきます。

 

外部に面する横架材には、前もって先張り気密シートを張っています。

 

先張り気密シートの目的は、気密層を連続させやすくするため。

躯体の接合部周りは凹凸が多いので、その部分の気密施工が難しくなります。

先張りだと事前の準備手間はかかりますが、気密層が途切れるのを防ぎ、後で気密シートを繋げやすくなります。

(他にも方法はありますが、試行錯誤の結果、弊社はこの方法。)

 

柱を差し込む金物の内部には、発泡ウレタンを注入して気密処理をしています。

 

金物の貫通部分には、断熱欠損処置。

 

金物は木よりも熱を伝えやすいため、熱橋(ヒートブリッジ)になりやすい部分。

そのため、発泡ウレタンで被覆して熱の移動を和らげます。

 

また、ピンの打込み周りは気密テープで全て処理。

 

このような気密・断熱欠損処理は、地道な作業。

ただ、1か所では性能値に影響はないと思いますが、家全体でみると100か所~200か所ほどありますので、無視できないと考えています。

 

そのため、建て方工事は通常1日で終わりますが、高性能住宅の場合はこのような作業もしながらとなりますので、弊社では2日ほどかけて進めています。

 

 

 

 

 

 

1日目はここまで。

お疲れさまでした。

明日もよろしくお願いします!

iwamatsu

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら