【長尾の家】

基礎がほぼ完成しました。

職人さんによる精度の高い基礎、いつもありがとうございます!

こちらは、12月初旬の上棟予定。

 

 

 

【三木町の家】

外部の構造用面材(ダイライト)の上に透湿防水シートが貼り終わりました。

弊社では、ボード気密(構造用面材で気密をとる)にて施工しているので、シートを張る前に、面材同士のジョイント部分や窓周り、外壁と屋根の取り合い部分など、いくつかのポイントを押さえながら、外側ですき間を埋める処理を行います。

 

 

職人さんと一緒に作業していたのでなかなか写真が撮れず…。

また、脚立が立てにくい所や、テープの張りづらい所など、思うようには進まず…(;’∀’)

でも、この細かな作業をきちんとしておかないと本当の高性能住宅にはならないのです。

面倒な作業をどこまで丁寧にできるかですね。

せっかく高性能な部材を使っても、工事中の現場が雑だと計算通りの性能は発揮できません。

計算上のUa値が良くても、それは工事がきちんとできていての話なので。

 

 

室内側からは、面材と柱・梁のすき間を埋める為にウレタン処理。

この後、断熱施工にはいっていきます。

 

iwamatsu

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。