【丸亀の家】

基礎工事も終盤です。

型枠もほぼ外れました。

 

玄関土間には床下空間がなく、砕石とコンクリートで打ち増しをして高さを上げます。

 

 

温熱環境を考えると、コンクリートは熱(暑さ・寒さ)を伝えやすいので、何か対策をしておかないと冬の寒さがそのまま移動してきてしまいます。

それを抑える為に、熱伝導率の低い(熱を伝えにくい)ボード系断熱材を敷きこみます。

 

こちらは11月下旬の建て方に向けて、準備を進めてまいります。

 

さて、話は変わりますが私の好きな建築家の谷尻誠さんの著書を読みました。

 

人間は悩む生き物。

放っておくと悩みや不満を見つけてしまう生き物です。

便利を手に入れても、どういう訳かその中にある不満を探し続けてしまう。

~略~

でもそれは、最初から便利な家を建てるから出る不満なんじゃないかと思うのです。

夫婦で打合せに来るお施主さんにいつも言うんです。

「隣にいる人、そんなに便利ですか?」と。

奥さんにとってご主人、ご主人にとって奥さんは、そんなに便利ではないはずです。

便利だから一緒にいる訳ではないし、全部が全部思うようにはならない。

不都合なことも多いけれど、でもまあいいかという感じでしょう。

人はそういうところに愛着を持つのではないかなと思います。

 

「確かにー!」とうなずいてしまいました。

(嫁さんに対して便利とか言うと怒られそうですが(;^_^A)

 

【便利な家】と【不便でも愛着があり住みこなそうと思える家】

考えてみると深い話ですね。

皆さんは、どっちがいいですか??

iwamatsu

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら