こちらは【三谷町の家】。

本日、基礎の鉄筋の検査でした。

 

耐圧版や立ち上がりの配筋やかぶり厚さを確認。

 

地中梁の配筋や、人通口部分の補強筋も確認。

何事もなく無事、次の工程へ進めてまいります。

 

お施主様の方では、今、外壁の塗り壁の色を検討いただいています。

室内で見るのと屋外で見るのとでは、色味が違ってきますので、晴れた日の外で、きちんと実物サンプルを確認することが大事です。

カタログの色見本で選ぶと、実際の色味と異なることが多いので、失敗しますよ。

 

そして、こちらは【満濃の平屋】。

屋根の雨仕舞工事が完了しました。

ここでは、防水と気密を分離した安全な仕様とするため、2重屋根(2重野地板)としています。

 

まずは、1層目の屋根合板張り。

屋根の通気層(湿気を逃がすため)を確保するために、1層目の合板(野地板)の上に、透湿防水シートを貼ります。

これだけでも、屋根養生(屋根の雨よけ)がいらなくなります。

そのあと、通気胴縁という木材を等間隔につけていきます。

 

この木材の間の空間が空気の流れる通気層となります。

この通気層がないと、湿気や熱が逃げずに結露が発生して、木を腐らせる場合があります。

ですので、ほぼどの新築住宅でも通気層は必ず取られていると思います。

 

その上に、2層目の合板(野地板)を張っていきます。

その時に使う釘の種類や、釘を打つピッチ(間隔)も重要になります。

 

そして、その上に、防水の為のルーフィングというシートを重ねながら張っていきます。

これで、2重防水の完了となります。

(暗がりで、分かりにくいかもしれませんが・・・。

遅くまで、ありがとうございます!)

 

これで、仕上げの瓦を葺くまでに雨が降っても大丈夫です。

瓦工事の時には、棟(一番高いところ)に熱や湿気を外に排出する通気用の部材を設置します。

iwamatsu

 

★ブログ一覧はこちらから。

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら