【満濃の平屋】上棟工事でした。

 

 

 

気密性を高め、内部結露を防ぐためには、防湿層を連続させることが鉄則なので、先張りシートを施工していきます。

 

なぜ、気密シートを先に張るかというと、木材や金物の接合部分は複雑で、後から防湿層(気密シートなど)の施工が難しくなるので、先行して上棟時に先張りシートを施工します。

今回は、調湿気密シートを使います。

調湿気密シート

 

このシートは、湿度に応じて可変する性質を持っておりまして、夏は湿気を通して(透湿)、壁の中の湿気を逃がし、夏型結露を防いでくれます。

一方、冬は湿気を通しません(防湿)。

 

 

木材にシートをきちんと張るのは、見た目以上に大変な作業です。

その為、先張りシートを施工する工務店は少ないそうです。

 

下では、梁を加工中。

リビングの天井に見える梁の角を取って、風合いを感じる仕上がりを目指します。

 

 

 

飲み物やお菓子など、お心遣いありがとうございます。

大工さんも大喜びです。

 

 

午後からは、お日様が!(^^)!

 

 

リビングからは、山の美しい稜線をバッチリ眺められます。

将来は、大工さん??

 

 

棟木へお施主さまが記念のサインを。

 

 

 

ご家族や親御さんも駆けつけてくれました

上棟式では、棟梁に祝詞をあげてもらいました。

本日は、誠におめでとうございました。

家づくりの良い思い出になれば、うれしく思います。

iwamatsu

 

★ブログ一覧はこちらから。

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら