【2つの中庭のある平屋】

外と中の気密工事が進んでいます。

まずは、外側。

白い透湿防水シートを張り終えています。

 

 

透湿防水シートの役割は、外からの雨水の侵入を防ぎ、また内部の湿気を外に逃がすこと。

ですので、現在ではどのお家でも必ず張られているシートだと思います。

弊社の場合は、さらに気密/防風層の役割も担うので、もうひと手間かけます。

まずは、シートを止めたタッカー部分に、

 

 

防水気密テープを貼ります。

 

また、シートの重ね部分は、両面テープにて貼り合わせて、気密/防風層を連続してつなげることを心がけています。

 

外壁と屋根の際部分にも。

 

あとは、下の写真のような電気配線や換気設備の周りですね。

こういた部分の気密が不十分だと、すき間から冷気が入ってきて部分的な結露の恐れがあります。

 

 

配管は丸形状なので、気密の処理がやりにくいのですが、伸縮性のある専用部材を使用して対処します。

 

 

こういった部分の室内側はどうなっているかというと、こんな感じ↓

見えづらいですが、配管周りには断熱欠損しないよう断熱材を入れて、その上に気密シートを張って、

 

最後に、気密テープで処理します。

 

 

窓と壁の際部分にも

 

 

一つ一つ細かな部分のすき間をつぶしていきます。

 

今回のブログで気がついた方もいるかもしれませんが、弊社の場合は、外でも気密をとって、中でも気密(防湿)をとっています。

ダブル気密!

そうしているのは、永く住む家だからこそ、気密の耐久性も高めたいから。

気密性も劣化していくので。

大工さん、職人さんには感謝です。

 

iwamatsu

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

ハウプロの家づくりについて(Q&A)

施工事例はこちら

資料請求はこちら。