【三谷町の家】です。

新築工事が着工しております。

今週末も台風が近づきますので、材料が飛んで近隣のご迷惑にならないよう、台風養生をします。

お施主さまも気になっているそうで、見に行ってくれているようです。

ありがとうございます。

 

さて、床材のことで、「ラグやカーペットを敷いている場所と、敷いていない場所で日焼けのムラは出ますか?」という質問を頂くことがあります。

回答としましては、「ずっと敷きっぱなしだと、ムラや色違いのラインが入ることはあります。」とお答えしています。

弊社の場合、無垢材を使うことが多いのですが、木の樹種や、色味(濃いめ、薄め)の違いによって、ムラやラインが目立つ場合と、ほとんど分からない場合があります。

我が家の場合は、オークとナラの無垢床を貼っていますが、2年経ってリビングのラグをめくってみると、ほとんど気にならない感じですし、いい感じで色が馴染んできたように思います。

また、「日当たりの良い南面の床だけ、日焼けするのか?」という疑問もあろうかと思いますが、実際には、照明器具の明かり等でも影響を受けますので、床全体が経年変化してきます。

そんな色の変化を楽しめるのも無垢材の良さだと思いますので、個人的には、それほど気にされなくてもよいのではと思っています。

よく聞く「年と共に、味が出てきます」というやつですね !(^^)!

そして、木の種類によって特徴やインテリアの雰囲気も変わりますので、お好みに合わせて選ぶといいと思います。

人間と同じで、木によって性格がありますので、それぞれ一長一短をご説明させて頂いて、選んでいただくようにしています。

ちなみに、弊社の場合で言うと、代表の鹿庭は、柔らかくて肌触りが気持ちいいが好きですし、私は、堅くてカッコいいオークナラが好みです。

杉の床↓↓

 

オークの床↓↓

参考記事:床が変わるだけでこんなに印象が違う。

 

床材選びの参考にしていただければ幸いです。

iwamatsu

 

★ブログ一覧はこちらから。

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら