【満濃の平屋】です。

南面の大きな窓の上に庇屋根ができました。

普通、屋根には瓦やガルバリウムが使われますが、こちらの庇屋根には、木(レッドシダー)の屋根材を使いました。

100%天然木なのですが、耐久性が高く、防火基準もクリアした認定素材。

経年変化の美しさも楽しみな屋根材です。

 

家の中では、大工さんが天井の断熱材を入れてくれています。

裸グラスウールが積みあがっています。

 

まずは、木材のジョイント部分に、発泡ウレタンで気密を確保。

 

そのあと、断熱材を充填していきます。

間柱間の幅より、数㍉広い断熱材で、さらに密度が高く硬めの為、すき間が生まれにくく、ずれ落ちる心配もありません。

105㍉厚の高性能グラスウール16kを2層重ねて充填し、合計210㍉厚の屋根断熱層としています。

夏は太陽の高度がほぼ真上からになりますので、屋根からの暑さの影響が大きくなります。

その為、屋根の断熱層を厚くすることで、それを和らげることができます。

 

そのあと、調湿気密シートを張っていきます。

室内側できちんとシートを使って防湿層を連続させて確保することで、夏や冬の壁体内結露を防ぐことができます。

 

 

電気の配線も、同時進行中。

 

高断熱の木製玄関ドアも現場に届きました。

こちらの現場にて、11月中旬に構造見学会(予約制)を開催予定です。

詳細は決まり次第、アップします。

iwamatsu

 

 

★ブログ一覧はこちらから。

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら