【三木町の家】

今日から建て方です。

天気も快晴!

 

 

朝、お仕事前にお施主さまが差し入れを持ってきてくれました!

お菓子ごとにきちんと間仕切り壁が (^^♪

手書きの言葉も嬉しいです。

 

 

まずは、柱から立てていきます。

柱の底(下)には穴があいています。

 

 

弊社では金物ピン工法を採用しておりますので、土台からの金物に穴をはめ込みます。

 

 

 

その後、太いドリフトピンを打ち込んで固定します。

 

 

 

 

柱と梁の接合部分においても、従来の木造軸組工法では柱を削ったり、くり抜いたりするので、柱に欠損部分ができる可能性があります。

(もちろん在来工法でも耐震等級3で建築できますので語弊のないように)

 

 

その接合部分に金物を使用する金物工法であれば、削る部分が最小限に抑えることができます。

 

 

こういう部分ですね。

 

 

 

そして、建て方と同時に気密と熱橋処理も進めていきます。

上棟の時にしかできない部分もあり大切なところ。

金物は木を比べると熱を伝えやすいので熱橋(ヒートブリッジ)になりやすいのです。

また、小さなすき間もあります。

 

 

そんな金物周りに発泡ウレタンで被覆&気密処理。

 

 

その上から気密テープ。

 

 

こんなところも。

 

 

 

一つ一つは小さいのですが、何百カ所もあるので家全体でみれば大きな影響を及ぼします。

 

 

 

 

気密処理の為にやっていることをもう一つ。

先張り気密シートも行っています。

先張り気密シートを準備(ハウプロブログ)

 

 

高性能住宅の場合、普通の木造住宅と比べて上記のような断熱、気密処理の工程が増えます。

そのため、通常の建て方は1日で終わりますが、私たちは2日間かけて行っています。

 

夕方には、お施主さまも来てくださいました。

基礎の時よりも大きく感じられたそう。

基礎だけだと小さく見えるのに、建てると広く見える。

工事中あるあるです(笑)

 

 

子どもたちも自分たちの部屋が気になって、登っちゃいました。

 

 

明日もよろしくお願い致します。

 

iwamatsu

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。