【三谷町の家】です。

昨日は、床の断熱施工と床の合板伏せを行いました。

弊社の床の断熱については以前のブログをどうぞ。

こちら

 

厚さ24㍉の床合板を使用することで、地震や台風時に発生する水平力に対して強い構造(剛床)となります。

 

そして、土台敷き工事が終わると、雨対策としてシートで土台や合板を覆います。

 

 

このあと、さらにブルーシートで覆って、雨養生の完了です。

平らだと、雨が溜まって中に浸水する可能性があるので、屋根のように少し斜めになるように施工することが大事です。

これで上棟当日まで、雨に濡れないようにします。

昨晩、急に雨が降りましたね(;^_^A

iwamatsu

 

 

★ブログ一覧はこちらから。

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら