【丸亀の家】

基礎の耐圧部分のコンクリート打設が終わり、養生中です。

 

 

【出作町の家】

本日、配筋検査でした。

 

 

 

さて、オーナー様から加湿器の相談をいただきました。

今年の冬に向けて購入を検討されているとのこと。

 

 

まず、加湿器は大きく分けて3タイプあります。

・超音波式

・気化式

・ハイブリッド式

超音波式
超音波で水を微振動させることで水を小粒化し加湿する方式。消費電力も少なく静かです。ただ、少容量のものが多く加湿力は弱いものが多いです。毎回の掃除がおろそかになりカビや雑菌が中で繁殖した場合、そのまま出してしまうという欠点を抱えています。雑貨屋さんで販売されているおしゃれな加湿器はこのタイプが多いです。

気化式
下部に水をためておき、円盤形状のプラスチック板を回転させて、その水濡れした円盤が空中にあがってきたところでファンで風を当てます。要するに表面積を広く確保することで大量に気化させる方式です。消費電力は極めて少ないのが特徴です。

ハイブリッド式
基本的には気化式ですが、風が温められた温風であることが特徴です。最も省エネな気化式よりは多少エネルギーを使いますが、即効性があります。

ちなみに、我が家では、デザイン重視のかっこいい超音波式を使っていましたが、毎回清掃するのが面倒で、1日に何度か給水するのも面倒だったので、昨年、気化式のパナソニックのFE-KXF15に買い換えました。

消費電力が少なく、パワーもあり、清掃も比較的少なくて済む、また容量も大きいので満足しています。

乾燥に備え、新しい加湿器を購入(過去のブログ)

絶対湿度が示す快適条件(日本経済新聞)

 

最適な加湿器は、家の間取りや暮らし方、機種の特徴等によっても異なると思いますので、ご参考になれば幸いです。

 

今朝、自宅の温湿度計を見てみると、室温22.9℃で湿度56%(絶対湿度9.75g)でやや乾燥気味でした。

その影響もあり、息子も喉が渇いて咳をし始めたので加湿器を出そうかなと思います。

iwamatsu

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら