明けましておめでとうございます。

今年も高性能な家づくりに邁進して参りますので、よろしくお願い致します。

今日から弊社も仕事始めです。

 

【綾川町の家】

瓦職人さんが3色の瓦をバランスよく配色して葺いてくれています。

 

建築地周辺はやや気温が低めな地域で、今朝は少し凍っていました。

取り付けたサッシのガラスが結露していました。

 

 

でも、これは室内側ではなく外側(屋外側)のガラスの結露。

高性能住宅で結露?と聞くと疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実は、外側ガラスの結露は、性能の高い窓で稀に見られる現象です。

(ちなみにこちらの現場では、樹脂トリプルサッシを採用しています)

理屈としては、窓の断熱性能が高い為、外まで熱が漏れず、外側のガラスだけ早朝の寒い気温で冷やされます。

そのガラスに、湿った暖かい空気があたり露点温度に達することで結露となります。

寒い日に時々見られる現象ですが、ご心配なさらずに。

 

 

室内では、大工さんがカウンターや棚板の取付け部分に地を入れてくれています。

手洗いカウンター⇧や収納の棚板⇩ などなど。

造作も多いので大工さんも大変ですが、よろしくお願いします!

 

 

 

【三谷町の平屋】

こちらは、捨てコンクリートの打設も終わり、基礎の配筋へ進んでおります。

耐圧版(床の部分)や地中梁の鉄筋ピッチや、かぶりの厚さを確認しながらの作業です。

ちなみに、真ん中の開いた部分は中庭になります。

 

 

【出作町の家】

こちらは、先月から始めていた断熱気密施工が終盤を迎えております。

調湿気密シートの施工後、タッカー部分(シートを張る為に使用するホッチキスのようなもの)をテープで処理していきます。

地道な作業ですが、外部の透湿シートと同様、疎かにできないところです。

 

 

(丸亀の家:外部シートのタッカー処理)

 

この後、丸亀の現場へ向かおうと思いましたが、車がエンジントラブルを起こしてしまって長時間足止め (;^_^A

残念。

iwamatsu

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら