新年の挨拶を兼ねて、実家へ行ってきました。

正直、家の中が寒い・・・。

両親は、いっぱい着込んでコタツだけで我慢していた様子。

我慢というか、それが普通の日常で、私も実家暮らしの頃はそうしていました。

まさに、採暖。

「採暖」の落とし穴(日経アーキテクチャ)

(写真:前真之先生より)

 

子どもは正直なもので、「ばあちゃんち寒い! 南極みたい!!」と。

廊下はさらに寒さが厳しく、リビングのドアを開けると、冷気が入ってくるのを感じます。

通るたびに開けっ放しにするので、たまりません。

毎回、ドアは閉めようよ(;^_^A

また、南面の日当たりが一番いい和室とリビングの間にある3枚引き戸を閉めっぱなしなので、せっかく日射取得で暖められた和室の熱がリビングに届きません。

おまけにレースカーテンを閉めているので、ちょっと遮熱してしまっています。

これまで私も「こうしたら暖かくなるよ」と度々説得を試みましたが、全く変わらず・・・。

ヒートショックで倒れられると怖いので、「死んじゃうよ!」と行っても「大丈夫、大丈夫。」と。

人の習慣を変えるのは、非常に難しいです(-_-;)

 

さて、断熱・気密をきちんと確保した住宅であれば、日射取得&エアコンが効果的です。

ストーブやヒーターと比べて光熱費も安いです。

エアコンのお話。

 

東京大学 前准教授のコラムも併せて読んでみてください。

「エコハウス」の紛らわしさ

iwamatsu

 

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。