【坂出の家】

基礎が完成しました。

昨年からの基礎工事の様子↓

 

 

構造の計算は、許容応力度計算にて行っており、地中梁など強固な配筋となっています。

さらに、水害に配慮して通常(40㎝)より高さのある高基礎(100㎝)。

そして配筋検査の後に、立ち上がりの型枠を組んで、コンクリートを流し込みます。

型枠も、こちらの高基礎用に新しく作ってもらいました。

 

 

また、一般的な高さの基礎だと、またいで作業できるのですが、高いとその都度登り下りしないと作業ができないので、職人さんも大変だったそうです。

ありがとうございます。

 

 

 

 

養生後、年明けに型枠をばらしました。

 

 

そして、一昨日は上棟に向けての墨出し。

来週からは、上棟に向けて土台敷きや先張りシートの準備です。

 

 

 

【 坂出の家 】

長期優良住宅

Ua値=0.28(断熱等性能等級4)

耐震等級3(許容応力度計算)

屋根断熱:ミラフォームλ50㍉厚×3層(150㍉厚)

壁:高性能GW16k105㍉+付加断熱50㍉厚

床:ミラフォームλ75㍉厚

トリプル樹脂サッシ、高断熱木製玄関ドア

アメニティエアコン、太陽光発電(ゼロエネ)

 

iwamatsu

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

ハウプロの家づくりについて(Q&A)

施工事例はこちら

資料請求はこちら。