家に当たり前についている窓。

窓には、光を入れる、風を通す、景色を取り込む、外への出入りという暮らしには欠かせない役割があります。

 

では、逆に温熱で考えてみると、家の中で一番熱が逃げている場所が窓です。

窓は壁に空いた大きな穴と考えるとイメージしやすいですね。

冬の窓際は寒く結露していたり、夏の窓際も熱気を感じますよね。

実に、冬は暖房で暖めた熱の約58%が外へ逃げていき、夏は、外の暑い熱の約73%が窓を通して家の中に入ってきています。

 

 

つまり、一般的なお家の暑さの原因の7割、寒さの原因の5割が窓にあり、最大の原因となっているのです。

ということは、その窓をどんな性能の窓にしておくかは非常に重要だと思いませんか?

 

昨日のブログでも触れましたが、日本には窓に関する義務基準がなく、今でも性能の低いアルミサッシが売られています。

現在の新築住宅においては、アルミ樹脂複合サッシが主流のようです。

(アルミ樹脂複合サッシ:窓枠の屋外側がアルミ、室内側が樹脂で作られた窓。昔のアルミサッシと比べ性能が向上)

そんな中、私たちがおススメする窓は・・・。

樹脂窓! さらにトリプルガラス

です。

(樹脂窓:窓枠が全て樹脂で作られた窓。アルミ樹脂複合サッシよりも性能が高い)

 

 

アルミは樹脂の1000倍熱を通しやすいので、窓枠の素材によって快適性が大きく変わってくるのです。

 

今週開催の構造見学会でも実物をご覧いただけますよ。

構造見学会のお知らせ

 

 

インスタグラム

ハウスプロジェクト

 

施工事例はこちら

資料請求はこちら。

イベント情報はこちら